自動運転が車に与える安全性と影響について

>

自動運転のメリットとデメリット

自動運転のメリット

車の自動運転が積極的に研究され、実用を視野に入れた実験が進んでいるのは、AI技術をはじめとする自動運転に必要な技術が発達したことが要因です。
車の自動運転自体に少なからずメリットがあることも、無視できません。

具体的に車の自動運転のメリットを挙げると、まず、なんといっても運転をしなくて良くなることです。
これ以外に、運転できなくても気軽に車を利用できるようになりますし、運転ルートに悩まされることもなくなるでしょう。

更に車の自動運転が本格的に普及すれば、自動車運転に人為が介入しなくなるため、交通事故の発生率は大幅に低下することが期待でき、ブレーキの連鎖に起因して発生する交通渋滞も発生しにくくなるはずです。

自動運転のデメリット

レベル3以上の車の自動運転が実用化されれば、車の自動運転における多くのメリットを享受でき、運転をしなくて良くなります。
交通事故の発生件数だけでなく交通渋滞の発生リスクまで抑制されるなど、一見するとデメリットがないように見えるでしょう。

しかし、残念ながら車の自動運転の実用化の可否に関わらず、自動運転にもデメリットが存在します。
自動運転システムはコンピューター制御であることから、ハッキングのリスクがある上、システムエラーが起こる可能性は拭えません。

加えてレベル3までは車の自動運転でも運転者に責任が生じ、まだ実験中であることもあってか法整備が間に合っておらず、運転の主体が完全にシステムになるレベル4以上であっても運転者が事故の責任を問われかねないなど、軽視できないデメリットがあります。


この記事をシェアする