ダポキセチンは早漏防止薬に含まれている成分です。今まで早漏に悩んでいるのならダポキセチンを含んでいる治療薬を使ってください。きっと、この成分が入っている治療薬を服用することで、早漏は改善されるはずです。

  • ホーム
  • ダポキセチンが配合されている薬は何がある?

ダポキセチンが配合されている薬は何がある?

幸せな夫婦

もともとは抗うつ剤に含まれていました。
服用した男性に射精がいつもより遅くなる副作用があることがわかり、早漏改善薬として開発された経緯があります。
ダポキセチンが配合されている医薬品としてプリリジーやポゼットが有名です。
またED治療薬と一緒にダポキセチンが含まれている医薬品もあります。
スーパーPフォースやスーパーカマグラが有名です。
ダポキセチンがどんな作用をもって早漏を改善するのかを理解する前に、射精が起きるメカニズムを知っておきましょう。
勃起を施すときは副交感神経が働いています。
一方射精をするときは興奮などを司る交感神経が有利になります。
この交感神経を抑えることが重要になるのが早漏改善法です。
深呼吸をすることで副交感神経が有利に働くことがわかっていることから、射精をしそうになれば、呼吸に意識を傾ければ良いとよく言われています。
あながち間違ってはいない対処法ですが、大量の性的興奮が押し寄せてきますので、深呼吸だけで対処するのは難しいです。
その副交感神経を有利に働かせるのはダポキセチンになります。
脳内にはノルアドレナリンが大量に分泌されることで交感神経が有利に働きます。
そのノルアドレナリンを抑えれば、交感神経を収めることができます。
その役割こそがセロトニンであり、その分泌を助けるのがダポキセチンです。
効果は約3倍ほど長持ちすると言われており、効果の高さを実感できている人が多いです。
ただし医薬品であり、あくまでも対処療法になっています。
早漏そのものはダポキセチンは解決してくれません。
この成分が含まれている医薬品を服用するからこそ、早漏が改善するのであり、本気で治療を求めるのであればセックスの経験を積み重ねることが大切です。