ダポキセチンは早漏防止薬に含まれている成分です。今まで早漏に悩んでいるのならダポキセチンを含んでいる治療薬を使ってください。きっと、この成分が入っている治療薬を服用することで、早漏は改善されるはずです。

  • ホーム
  • 早漏の対処法はダポキセチンなどSSRIの薬を服用

早漏の対処法はダポキセチンなどSSRIの薬を服用

幸せな夫婦

SSRIは抗うつ剤として開発された薬で、この薬を服用すると脳内のセロトニン受容体に作用して、セロトニンを吸収しなくなるので、一定量を維持し続けることができます。
分泌量が少ないと不安になりやすくなったり、緊張したりするので、セックスをするときにリラックスできずに早漏になったり、ストレスによってEDになることもあります。
ストレスが原因でEDになった場合には、SSRIの薬が効果的ですが、セロトニンが増えすぎると物事を積極的に行うための意欲が低下したり、集中力が欠如するなどの副作用が出ることがあります。
また意欲が低下すると性欲も同時に低下するので、セックスに対する興味を失う可能性もあります。
パートナーがいる場合にはセックスをしないと関係が悪化することもあるので、医師に相談をして他の薬に変更してもらう必要があります。
早漏の対処法として一番確実なのはダポキセチンなどのSSRIを服用することですが、日本の医療機関では手に入れるのが難しいので、個人輸入を利用することが多くなっています。
ダポキセチンは早漏予防のために使用される薬なので、保険の適用がありません。
早漏になった場合の対処法としては、パートナーに協力してもらって、早漏でも気にせずに何度もセックスをすることで、それによって、正常に射精できるという自信を取り戻すだけで症状が改善します。
これは認知行動療法というもので、不安に思っていることを実際に行うことで、脳が安全を確認して緊張しなくなるというものです。
EDの症状を改善することもできるので、カウンセリングを受けて医師の指導にしたがって行うと早漏の再発を防ぐことができます。
包茎が原因の場合は、手術を行うか、器具を装着して包皮を固定するかのどちらかしか対処法はありません。