ダポキセチンは早漏防止薬に含まれている成分です。今まで早漏に悩んでいるのならダポキセチンを含んでいる治療薬を使ってください。きっと、この成分が入っている治療薬を服用することで、早漏は改善されるはずです。

  • ホーム
  • 男性器の症状に効果的!ダポキセチンは交感神経系抑制

男性器の症状に効果的!ダポキセチンは交感神経系抑制

ダポキセチンは、男性器の症状によく効く成分です。
男性器の症状として、早漏がありますが、この早漏の改善効果を持つのが、ダポキセチンの特徴です。
ダポキセチンは医薬品に使用されています。
ドラッグストアや一般の薬局で普通に購入できる市販薬ではなく、病院などで処方される医療用医薬品に配合されています。
この成分を使った早漏治療薬として有名なのが、プリリジーです。
世界初の早漏治療薬として知られており、国内の病院でも、早漏患者に対して、よく処方されています。
早漏の問題は、交感神経系の高ぶりが関係してきます。
脳内のドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質が過敏に反応してしまうことで、早漏を引き起こしてしまいます。
プリリジーを服用すれば、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌を抑える、セロトニンの濃度を高めることができます。
そうすることで神経伝達物質の働きが弱まり、交感神経系の高ぶりが抑えられ、早漏の改善が期待できます。
服用による効果についてですが、早漏の状態よりも、3倍から4倍まで射精時間をのばすことができます。
プリリジーの服用回数が増えるほど、射精時間が延長されることがわかっています。
1日の服用量は日本人の場合だと60mgまでと決まっていますので、1錠60mgのプリリジーを利用するなら、1日1錠までの服用を厳守し、次回服用まで24時間以上間隔をあけなければなりません。
1錠30mgのものであれば、1日に2錠まで服用が許されるものの、人にもよりますので、医師の指導に従って正しく使うことが重要です。
比較的副作用の少ない薬ですので、安全に使えるのがメリットです。
4週間、もしくは6回の服用で効果がなければ、別の治療法が検討されます。