ダポキセチンは早漏防止薬に含まれている成分です。今まで早漏に悩んでいるのならダポキセチンを含んでいる治療薬を使ってください。きっと、この成分が入っている治療薬を服用することで、早漏は改善されるはずです。

  • ホーム
  • 精神病治療薬のダポキセチンの早漏対策への使い方

精神病治療薬のダポキセチンの早漏対策への使い方

ダポキセチンは元々うつ病などの精神病の治療薬として開発されたものです。
選択的セロトニン取り込み阻害剤と呼ばれるタイプの薬であり、主に抗うつ剤として使用されてきましたが、服用している患者から射精までの時間が長くなったとの報告が寄せられるようになり、早漏予防薬としても開発されるようになりました。
ダポキセチンが作用する脳内神経伝達物質のセロトニンは、快楽伝達物質のドパミンや、不安やストレスに反応するノルアドレナリンの働きを抑制します。
すなわち脳内の興奮状態を鎮める働きを持ちます。
性行時に満足を得る前に射精してしまう早漏の症状は、脳内の興奮を抑えるセロトニンが不足してしまっている状態で、興奮物質のアドレナリンが大量に分泌され、興奮が高まり過ぎてしまうことで射精までの時間が短くなってしまうことによって起こります。
ダポキセチンはセロトニンの濃度を上昇させる作用を持ちます。
この作用によって興奮の高まるペースはゆっくりになり、射精までの時間を大幅に伸ばすことが可能となります。
ダポキセチンの使い方としては、性行為のおよそ3時間程前に服用します。
薬の持続時間は5時間程で、丸一日後には成分が体外へ排出されます。
このため早漏を完治させるための薬ではなく、必要な時に使用する対処療法としての使い方となります。
ダポキセチンは正しい使い方をして用量もしっかりと守れば、比較的安全で副作用が少ない薬ですが、めまいや頭痛などが副作用として報告されています。
稀に立ちくらみや失神、うつ状態などの起こる可能性があり、これらの症状が現れた場合には車の運転や機械の操作は危険なので避けるようにし、すぐに医師の診察を受ける必要があります。